浜松のサルサシーンをバックアップしているSALSA CON SABOR。イベント運営やレッスンなど。運営の裏話やいろんなイベント紹介をしていきます。


by hsalsa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10年の歴史について(mixiにも書きましたが。。。こっちにも)

2002年1月からイベントはじめて早10年!!

小学校の6年間は一番長く感じたけど
この10年はけっこうあっという間でしたねぇ。

もともとワールドミュージック好きの私が
サルサダンスをはじめたのが2001年の初夏。

会社の先輩に連れてもらって
ホルヘのレッスンに行ったのがきっかけでした。

そこで、社交ダンス出身のあっこちゃんや金子くんと出会い
4人で静岡のイベントに行ったりしたのよねぇ。
(そこには今井さんがいて今の静岡サルサの皆さんもいた)

浜松でもこんなイベントできたらいいな~とみんなで盛り上がっていたところ
東京から転勤で浜松に来て、サルサのレッスンをやっている方がいる!
という情報が入り、ドキドキしながら行ったのがいまのMJスタジオ。

そこでは義童さんとヨリコさんがレッスンをやっていました。
(生徒にTAKAがいた)

浜松で一緒にイベントやりましょう!とお声をかけて、結成したのが
SALSA CON SABOR。

初期メンバーがなおこさん、あっこちゃん、金子くん、TAKAさん、義童さん、ヨリコさん、そして私。

その後、中田くん、ササ、太一くん、南出くん、浅羽さん、スミくん、花蔵さん、あけみさん

当時はイベント運営と同時進行にパフォーマンス活動もしていましたねぇ。

メイワンダンスコンテスト、花博、アクト、モール街、蒲郡ダンスコンテスト
プエルトリカンパワー前座、ウィリー・リベラ前座 etc

よくやったわ~若かったわ~~!!

そうそう、窓枠でもイベントやってましたね。
第2金曜日。

毎月開催していたAZULイベントも、2008年春で終了。
その後は不定期に、弁天島、Planet Cafe、窓枠、新居弁天などなど
様々な場所で開催(そして冬休業 笑)

毎年秋は、K-MIXでのスペシャルライブ。

このイベントもいろんなミュージシャンさんとダンサーさんがいらっしゃいました。

記念すべき第1回目は大阪からSabrosura del Sonido。
2回目はなんとGrupo Chevereですよ!!

その後は.liberation、CONQUISTANDO(×3)、JAPONISMO、Orquesta de la Canda
昨年の多摩川JIBAROWS

からの~~~

今年はSepteto SWINGOZAですよ!!!

すっごい豪華です。

10周年だからね、ちょっと欲張ってしまいました。

こんな時はもう二度とないかもっていうぐらいに。

10周年だからこそ、地元パワーで!

という事で
今年は地元バンド「ラテン原人」にOPENING ACTで盛り上げていただきます!

2バンドですっ!

パフォーマンスは、まずはラテン原人さんとのコラボ、SALSA FUEGO。

後半は、ホルヘ率いるサルセリン(コングレス出場チーム!)
そしてお楽しみの汚れ余興チームコンサボ劇団。
(これはどうでもいいです、しかしいつからこんな立ち位置になったんだろうか。。。)

このコンサボ運営でいろいろ学びました。
イベント運営って超大変で、もう二度とやるもんか!っていつも思うのですが
イベント中のみんなの笑顔みると。。。やめられないのよね~~

今年もいっぱい笑顔みせてくださいね♪


SALSA CON SABOR 10th Anniversary LIVE 2011
日時:2011年10月1日(土)16:00~22:00
場所:K-MIX 1F space-K (浜松市中区常盤町133-24)
出演:Septeto SWINGOZA
OPENING ACT :ラテン原人&SALSA FUEGO
パフォーマンス:サルセリン(静岡)コンサボ劇団(浜松)
DJ:えるに~にょ

チケット:前売り3500円 当日4000円(いずれも1drink付き)
プレイガイド:チケットぴあ TEL 0570-02-9999 Pコード148-806
お問い合わせ:浜松サルサコンサボール 080-5150-3636  salsacs@hotmail.com
http://hsalsa.exblog.jp/

*16:00~ SALSA FUEGO によるワンコインSPECIAL LESSON開催!
*After PARTY はPOWER HOUSE(中区肴町)で開催!
*お得な指定駐車場割引券もあります!(12時間打ち切り850円)





~プロフィール~
Septeto SWINGOZA
Vo:Manny Mendez Piano:中島 徹 Bass:沢田 浩史 Vibrafone:戸高 一生
Conga:関 聡美 Bongo:間所 直哉  Timbales:大儀見 元

大儀見元(オルケスタ・デ・ラ・ルスの創始者)を中心に結成された、本格派ダンスサルサバンド「SALSA SWINGOZA」。
サルサバンドでは、フロントにヴォーカリストがどうだと言わんばかりに列び、その後ろに打楽器陣とベース、ピアノ、さらに後ろにビカビカに光る楽器を振りかざしたホーンセクションがいるという、さながら雛飾りのような豪勢なセッティングが一般的だが、今回浜松でご覧いただくのは、セプテート(7人)編成。
「SWINGOZA」とは、英語の swing(音楽やリズムがスイングする)と、スペイン語の gozar(楽しむ)を混ぜた造語です。「SWINGOZA」の叩き出す、踊りださずにはいられないそのリズムの心地よさは、まさに「SWINGOZA」。
「SWINGOZA」をご存知の方々にはお馴染みの、豪快な四人のトロンボーンセクションという管楽器隊に代わって、ビブラフォンという打楽器を配した、よりコンパクトでダンサブル、キリッとシャープでロマンチックでさえある素敵な響きが、サルサダンスマニア達の華麗なステップに火を付けることでしょう。Septeto SWINGOZAをお楽しみに。

ラテン原人(浜松のアマチュアバンド)
元々2つのバンドのメンバーが行き来する事で意気投合し、一つの大所帯バンドとして2010年誕生。メンバーそれぞれが個性を持ち、違うバンドを掛け持ちしているメンバーも多いが、ラテン音楽の魅力にひかれ、練習を重ねています。
2010年7月には、様々なダンスと芸術の集うイベント「AonA in Hamamatsu」を主催及び演奏者として発表。2011年7月「夏フェスin machi 2011夏の芸術祭」を主催および演奏者としても出演。浜松市で活動するサルサダンスグループ「SALSA FUEGO」とコラボレーションし、生演奏でダンスパフォーマンスを披露します。
現在も地元浜松の街中の活性化の活動。

サルセリン
静岡でサルサを広めた第一人者、ホルヘ(ボリビア出身)とアイドルグループ「ハッピーロケッツ」として活躍時にHIP HOPやレゲエなど様々なダンスを勉強し、その後サルサへ転向したミコ。2008年日本ペアコンペティションに初挑戦し入賞、11月JAPANコングレスで披露、そしてLAコングレス夜の部と2009年12月に行われる世界大会キャバレ部門への出場権獲得。
日本でも珍しいキャバレットサルサのペアとして注目されている二人が結成するチーム、サルセリン。
[PR]
by hsalsa | 2011-09-28 00:28